大人のADHDはうつ病も治療しなければならない。

“大人のADHD当事者の多くは子供のころに症状を見過ごされ、社会に出て初めて特性に悩ませられるケースがほとんどです。やっと診断に訪れた時にはうつ病の二次障害を併発してることが多く、子供のころに早めに特性に気付いて正しい治療とサポートを受けられればいいのですが、大人になってからだとADHDとうつ病の二つを同時に直さなければならなくなります。なので一人で抱えこまず、早めの段階で勇気を持って専門機関に相談し、社会的サポートをお願いする必要があります。最後にADHD治療に関する注意点として、まずADHDとは「発達障害」と呼ばれる””脳の機能障害””の一種であり、風邪やインフルエンザのような完治する””病気””ではありません。病気ではなく障害なので緩和することはあっても完治することはありません。なので薬だけ投与するだけの対処と「病気なのだから必ず治る」というような本人を責めるような励ましは症状を悪化させるだけで逆効果です。

大人のADHD治療について

ADHDとは注意欠陥多動性障害とも呼ばれており、その特徴として不注意、多動性、衝動性という三つが挙げられます。子供だけでなく大人のADHDも深刻だと考えられており、様々な症状が現れます。落ち着きがなく目的のない動きをし、衝動買いや忘れ物をしがちです。また仕事上ではケアレスミスが多く、約束が守れなかったり時間管理ができなかったりもします。特に時間管理や仕事上のミスは社会人として致命的な問題となります。また放置しておくと精神疾患を引き起こしてしまうこともあるため、治療を受けることをぜひおすすめします。治療ではまず子供の頃も含めた状況についてカウンセリングが行われます。心理的なカウンセリングに加えて、必要に応じて薬も処方されます。様子を見て周囲とうまくやれているようであれば終了しますが、そうでなければ引き続き治療を受けます。

大人のADHDの治療について。

大人のADHDは治療するのが難しく、子どもの頃に教育されていない人間が発症しやすいようです。幼少期から勉強や運動を適度に行い、適切な生活ができていれば、ADHDにかかることはありません。文章力があり、計算が適度に理解できるのであれば、ADHDの可能性は低いと思われます。子どもの頃にどういう教育を受け、どういう家庭環境で育ってきたかが重要視されます。大体のケースでは、幼少期の頃に音楽や英語、数字などを学んでいた場合には発症しないようです。最近では、都会暮らしの人の中に周囲の環境に適応できず、ADHDなどを発症してしまうケースが多く、その際に周りの人から能力の低さを疑われ、就業困難に陥り、生活に支障が出てしまう場合がほとんどです。治療法としては、職業訓練を受け、それを継続していくことが好ましいです。”