矯正治療を迷っている人にインビザライン

欧米では思春期に入ると矯正治療を行うのが当たり前ですが、日本ではまだまだ矯正治療をしている子供の数は少ない方です。独特なブラケットとワイヤーをつけているだけで友達からからかわれるという意見が多く、矯正治療に踏み切れない子供が多いからです。見た目を気にするなら、見た目が一切気にならないインビザラインが一番です。透明のマウスピース型の矯正器具なので、矯正していることは友達にも一切ばれることなく普段通りの学校生活を送るだけで大丈夫です。そして、歯磨きも大変楽ですので、虫歯ができるリスクも相当抑えることができます。まさに矯正治療を迷っている子供に適した治療法です。インビザラインでの治療を受けると決めたら、矯正専門の歯科医で受けるとより確かに歯を綺麗に整えていくことができます。是非親子で話し合うことです。

歯の矯正にはインビザラインで

食生活の変化から、歯並びの悪い人が多くみかけられるようになりました。固いものを食べず、柔らかいものを多く摂取することで、見られうる現象と言われます。ですが大人になってから、非常に困ることが多くなります。虫歯にはなり易く、特に女性にはホルモンバランスの崩れから、生理不順と言ったことなども起きてしまいます。そのため歯の矯正が行なわれるのですが、今まではワイヤー治療のブラケットタイプと言われるものでした。見た目も良くなく、不便さが目立つものでした。そんな不便さを解消した矯正器具が、インビザラインと言われるものになります。マウスピース型になっており、取り外しも可能になっています。以前は価格も高額でしたが、普及に伴い料金も安価になって来ています。これからの時代、歯の矯正はこのインビザラインが主流になるのでしょう。

金属アレルギーの方に良いインビザライン

歯並びや出っ歯を綺麗に治したいけど、金属アレルギーのため矯正治療ができなくて困っている人は割とたくさんいます。治療が終わるまでの約数年間金属製のブラケットやワイヤーを付けた状態ですので、口内の健康状態が心配になります。金属アレルギーが気になって、今まで矯正治療に踏み切ることができなかった人でも、安心して治療ができる方法があります。インビザラインと呼ばれる透明のマウスピース型の矯正です。素材もプラスティックでできているため金属アレルギーで悩んでる人でも矯正治療を開始することができます。ワイヤータイプの矯正と同じくらいの効力を発揮するので、問題なく綺麗な歯並びを手に入れることができます。インビザラインのおかげで、金属アレルギーの人も、口内環境を気にすることなく矯正ができるので、迷いなく治療をしてほしいです。

初回カウンセリングはすべて無料です。 矯正は、1ヶ月にい1回の通院が必要となります。 平日の診療時間は10時半から13時半までと、15時半から20時までです。 当クリニックの内装は日本を代表する空間デザイナーの文田昭仁氏に設計依頼してもらい、純白とデザイン性の高い作りとなっています。 コストパフォーマンス重視のワンピースインプラントは10万円! 矯正の治療費が他院の半額~3分の2程度です。 いつでも外せる歯科矯正インビザラインのご質問はこちら